代表挨拶

はじめまして、代表取締役の武田拓也です。
株式会社ファモアに関わっていただいた皆様の人生が、少しでもより良いものとなるよう日々誠心誠意、 ファイナンシャルプランナーとして金融に関する知識を提供しています。

ファモア(社名)の由来

ファモアの社名の由来は、私が介護の現場で働いていた時にさかのぼります。
介護の現場で働きながら、多くの高齢者やスタッフ、ご家族と関わる中で「幸せな人生を送るためには、 家族が元気で仲良く、お金に余裕があること」が必要だと痛感しました。
なぜなら、以下のような話をよく耳にしたからです。

  • 「老後資金が底を尽いて、施設から出なければならなくなった」
  • 「親の介護費用は誰が負担するのか」
  • 「家族と顔を合わせて話したくない」

そこで、家族(family)が健やかで、お金(money)に余裕があり、より幸福(welfare)になれるように との願いをこめて3つの英単語を組み合わせて社名を「ファモア」に決めました。

ファモアは初心を忘れず、自分自身や家族の人生をよりよいものにしたいという方々のお役に立つために日々精進しています。

昨年は年間100回以上のセミナーを開催し、500名以上の方々に個別相談やセミナーを通じて 情報の提供や人生設計のお手伝いさせていただきました。
ファモアでは自己実現のために資産を運用したいとおっしゃる方々に、 一緒に資産運用をお手伝いしていきたいと考えております。

ファモアの経営理念

  • 少子高齢化による「年金」「医療」「介護」の問題を金融知識の提供により解決する
  • 人生における不安を解決することで、お客様、社員、ご家族が笑顔で過ごせるための環境を提供する
  • そして、夢をもって生きていける明るい日本にしていくため、経済的・精神的な豊かさを創造していく

ファモアが大切にしていること

  • 「日々の生活をもっと楽しみたい」
  • 「素敵な家を購入して、友人や親戚を呼んで楽しく食事をしたい」
  • 「定年後は夫婦で海外旅行や趣味を楽しみたい」
  • 「子供の夢や希望を実現できるよう応援してあげたい」
  • 「お金の事で周りに迷惑をかけたくない」
  • 「今の生活を少しでも楽にしたい」

そんな皆さんの想いを実現することを目的にファモアは活動しています。

「貯蓄から投資へ」

現在、政府では「貯蓄から投資へ」をスローガンに国民に投資を推進しています。
NISAの創設やiDeCoの導入は政府の「貯蓄から投資へ」を国民に普及するための施策です。
しかし、NISAやiDeCoといった素晴らしい施策を投入してもなお国民の金融リテラシーが向上していないといった現実があります。
ファモアでは自己実現を「資産の活用」を通じてお手伝いしていくために、貯蓄から投資へ資産運用をシフト していくための様々なファイナンシャルプランをわかりやすくセミナーや個別相談を通じて提供しています。

ファモアの投資戦略

ファモアでは「株式投資」「生命保険」「不動産投資」などの金融商品に分散投資することでリスクを軽減し、 且つできる限り高いリターンをあげることができるような資産運用のプランを提供しています。

日本では投資はハイリスク、ギャンブルといったイメージがあります。
しかし金融先進国の欧米での投資とは、どのように捉えられているのでしょうか?
欧米では義務教育から金融や投資といったことを学習します。 そのため、投資は財産所得を得るために当然の手段として活用されています。
就職すると、当然のように積立投資などをしています。
その結果、欧米では日本と比較しておよそ2.5倍以上の財産所得を得ているのです。

実は財産所得という「別収入」があるため、欧米では長期のバカンスやアーリーリタイアが可能になっています。
日本でも趣味や家族との時間を大事にすることができるように金融リテラシーを向上させることが重要だと考えます。
そのための資産運用プランをファモアでは提供しています。

ライフイベントに合った投資

人生における貯蓄にかかわる3大イベントは「教育費」「住宅ローン」「老後資金」です。
ファモアでは皆様のライフサイクルに沿った資産運用を提供しています。

多様化の時代といわれる現代では、旧時代的な偏った価値観は無意味なものです。
一人一人に合った資産運用を提供することができることが独立型ファイナンシャルプランナー事務所の強みであると考えます。

代表取締役 武田 拓也

メンバー紹介

代表取締役 武田 拓也

代表取締役 武田 拓也

ファイナンシャルプランナー

山原 美起子

山原 美起子

1級ファイナンシャル・プランニング技能士/相続診断士/相続手続きカウンセラー