生命保険の見直し

生命保険について

 

一般的に、生命保険へのイメージが悪い人は多いように思います。

なぜか理由を聞いてみると、

「掛け捨てで損をする」

「仕組みがわからない」

「保険に入る意味がわからない」

「営業が強引」

などがあるかと思います。

 

実際、日本における生命保険の現状は、加入している世帯は8割を超え、1世帯あたりの月々の支払い平均は約3.8万円になります。

しかし、その一方、加入している方で生命保険に満足している人は3割以下というデータが出ております。

 

なぜこのような状態か。それは、生命保険に対する理解の不足が原因です。では、どのように生命保険を選べば良いのでしょうか?

 

 

弊社では、お客様一人一人に生命保険に加入する「目的」をお聞きした上で「知識」の提供をしております。

 

ご相談の流れとしては、生命保険の目的をお聞きします。

 

 

・死亡した時の「葬式代とご遺族の生活費」

・病気・怪我などでの「入院や就労不能時の費用」

・教育資金・老後資金の準備

 

それぞれに対して「備えたいかどうか」「どれくらい心配か」の優先順位をつけます。

 

次に、それぞれの生きていく上での「リスク」に対して、どれくらいの「保障金額」を持つかをお聞きします。「どれくらいの保障を持つか」は国の保障や会社の保障を考慮した上で決めることが重要です。

 

その上で、生命保険の種類を選びます。

 

・月々の保険料が後々返ってこない「掛け捨て

・月々の保険料が後々返ってくる「積み立て

 

一生涯の保障である「終身保険」

期限を定めての保障である「定期保険」

 

 

最後に、自身で決めた生命保険に対して何歳まで保険料を払込むかを決定します。

 

・月々の保険料を安くするために一生払う「終身払い」タイプ

・保険料は高くなるが一生涯保障に対して、ある年齢までに払い終わる「払込む」タイプ

 

 

 

最後になりましたが、生命保険に加入されている方の中でも人気なのが、教育資金や老後資金のための「積み立て」タイプの保険に加入されている方が多いです。しかし、ここで考えていただきたいのがお金を増やすことに「生命保険」が有効な手段でしょうか?

お金を増やすのでしたら

・投資信託

・外貨預金

・不動産投資

との比較をした上で検討する方がより良い資産形成が可能な場合があります。

 

なぜかというと生命保険にもリスクがあります。それ何かというと「インフレ」リスクです。例えば、「30年前の100万円の価値」と「今現在の100万円の価値」どちらの方が価値があるでしょうか?

 

答えは30年前の100万円の方が価値は高いです。つまり、年々「物の価格」は上昇しております。その物価の上昇以上にお金を増やせない限り、積み立てていく意味は少ないです。

 

また、生命保険には解約リスクがあります。その点、投資信託や外貨預金には解約リスクがありません。

 

保険での積み立てを検討される場合は保険以外の手段との比較を推奨しています。

 

 

 

個別相談受付中

「生命保険の見直し」についての個別相談を承っております。
お一人、お一人(おひとり)に合ったご提案をいたします。下記のフォームよりお気軽にお申し込みください。