不動産投資の特徴とは?初心者が知っておくべき5つのポイント

不動産投資の特徴とは?初心者が知っておくべき5つのポイント

著者紹介

代表取締役 武田 拓也

ファイナンシャルプランナー(AFP)/社会福祉士/高校教諭1種「福祉」
代表取締役 武田 拓也

元「高校教員」資産運用歴16年の実力派ファイナンシャルプランナー。失敗談や成功例を実体験に基づいてお伝えしています。他に社会福祉士としてNPO法人理事や大学校友会の理事長など地域福祉の取り組み中。高校・大学で年数回の講義をしています。趣味:人の話を聞くこと・資産運用(株式投資、不動産投資、投資信託、その他)

不動産投資は、安定した収益を見込める魅力的な投資方法として注目されています。

しかし、その特徴を理解せずに始めると、思わぬリスクや失敗に直面することも少なくありません。

本記事では、不動産投資初心者が知っておくべき重要なポイントを5つに分けて詳しく解説します。

それぞれの特徴を理解することで、より賢明な投資判断ができるようになるでしょう。

不動産投資の基本からリスク管理、収益の計算方法まで、幅広くカバーしていますので、これから不動産投資を始めようと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

 

【不動産投資の特徴】①

不動産投資の種類とその特徴

不動産投資には、区分マンション投資、1棟マンション、1棟アパート、築古戸建、海外不動産投資、土地投資などさまざまな種類があります。

それぞれの特徴と投資のポイントについて解説します。

 

まず、アパートやマンション、築古戸建などの賃貸物件を購入し、家賃収入を得る方法です。この投資は比較的安定した収益が見込める一方、入居者がいない空室期間は収入がありません。また、住宅の管理や維持費、修繕費用も考慮する必要があります。

次に、海外不動産についてですが、家賃収入が見込めるのは国内不動産と同じですが、物件価格の上昇によりキャピタルゲインが期待できることが特徴です。ただ経済状況やテナントの経営状況に影響を受けやすい点がリスクとなります。また、投資用物件は立地が非常に重要であり、適切な場所を選ぶことが成功の鍵となります。

 

土地投資は、将来的に土地の価値が上がることを見込んで土地を購入する方法です。

土地そのものは賃貸収入を生みませんが、開発計画や都市計画の進展により大きなキャピタルゲイン(売却益)を得ることが可能です。

ただし、価値の上昇が見込めない土地を購入してしまうと、固定資産税や維持費だけがかかり続けるリスクがあります。

また、近年注目されているのが不動産小口化商品です。これは多数の投資家から資金を集め、それを用いて一棟マンションなどを運用する方法です。これにより、少額からでも不動産投資が可能となり、分散投資によってリスクを軽減できる点が魅力です。

いずれの種類も一長一短があり、投資家は自分の資金状況やリスク許容度、投資目標に合わせて最適な方法を選ぶことが重要です。不動産市場の動向や地域の経済状況をよく調査し、慎重に判断しましょう。

 

 

【不動産投資のメリットとデメリット】②

不動産投資には、安定した収入が見込める反面、大きな初期投資や維持費がかかるなどのデメリットもあります。これらを具体的に見ていきます。

 

【不動産投資のメリット】

安定した収入

不動産投資の大きなメリットの一つは、家賃収入を通じて安定したキャッシュフローを得られることです。またサブリース契約をすることで空室時にも家賃収入を得ることが可能です。

資産価値の上昇

物件の価値が時間とともに上昇する場合、キャピタルゲイン(売却益)を得ることができます。特にインフレ時や好立地、成長が期待されるエリアの不動産は将来的に価値が上がる可能性があります。

インフレヘッジ

不動産は物価の上昇とともに価値が上がる傾向があるため、インフレに対するヘッジ効果があります。これにより、資産の実質価値を維持することができます。

税制上の優遇措置

不動産投資には減価償却費やローンの利息を経費にできるなど、さまざまな税制上の優遇措置があります。これらを利用することで、所得税や固定資産税の負担を軽減できます。

 

 

【不動産投資のデメリット】

初期投資が高額

不動産を購入するには初期費用が必要です。これは、多くの投資家にとってハードルとなります。また、物件購入後も維持管理費や修繕費がかかります。

流動性が低い

不動産は株式や債券と比べて流動性が低く、売却するまでに時間がかかる場合があります。急な資金需要が生じた場合、すぐに現金化できないリスクがあります。

管理の手間

不動産投資には物件の管理が伴います。入居者対応やメンテナンス、法的手続きなど、管理業務には時間と労力が必要です。管理を専門業者に委託することもできますが、その場合は追加コストが発生します。

市場リスク

不動産市場は経済状況や政策変更、地域の需要供給バランスなどに影響を受けやすいです。市場の変動により、物件の価値や収益が変動するリスクがあります。

空室リスク

賃貸物件の場合、入居者がいない空室期間が続くと、家賃収入が得られないだけでなく、固定費用も負担し続けることになります。空室リスクを管理するためには、適切な物件選びとマーケティングが必要です。

 

 

【減価償却について】

不動産の建物部分については、減価償却という方法で経費計上ができます。減価償却とは、建物の購入費用を耐用年数にわたって分割して経費として計上することです。これにより、毎年の所得を圧縮し、所得税や住民税の負担を軽減することが可能です。減価償却の期間は物件の種類や用途によって異なります。

 

 

【不動産投資における物件選びのポイント】③

物件選びのポイント

不動産投資における最大のリスクは、適切な物件選びに失敗することです。

物件選びで注意すべきポイントについて詳しく見ていきます。

 

投資用物件を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。これらのポイントを押さえることで、投資リスクを軽減し、安定した収益を得る可能性が高まります。以下に、投資用物件選びの際に注意すべきポイントを詳しく解説します。

 

  1. 立地

立地は不動産投資において最も重要な要素の一つです。以下の点に注意してください。

  • 交通アクセス: 駅やバス停などの公共交通機関へのアクセスが良いか。
  • 周辺環境: 商業施設、病院、学校、公園など、生活利便性が高いか。
  • 将来性: 今後の開発計画やインフラ整備の予定があるか。

 

  1. 物件の状態

物件自体の状態も重要です。以下の点を確認しましょう。

  • 築年数: 新築か中古かで異なりますが、特に中古物件の場合、築年数が経っていると修繕費用がかさむ可能性があります。
  • 構造・設備: 建物の構造がしっかりしているか、設備が充実しているか。また、耐震基準を満たしているかも確認が必要です。
  • 管理状況: 共用部分の管理状況が良好かどうか。管理が行き届いていない物件は、空室リスクが高まる可能性があります。

 

  1. 収益性

投資用物件の収益性をしっかりと見極めることが重要です。

  • 家賃相場: 物件の所在地の家賃相場を調査し、適正な家賃設定ができるか確認します。
  • 利回り: 購入価格に対してどの程度の収益が得られるか。表面利回りだけでなく、実質利回り(諸経費を差し引いた利回り)も計算して判断します。
  • 空室率: その地域や物件の空室率を確認し、安定した賃貸需要があるかどうかを見極めます。

 

  1. 法律・規制

不動産にはさまざまな法律や規制が関わってきます。

  • 用途地域: 物件が位置する地域の用途規制を確認します。商業地域か住宅地域かで利用方法が異なります。
  • 建築基準法: 違法建築や増改築の履歴がないか、建築基準法に適合しているかを確認します。
  • 賃貸契約: 現在の賃貸契約の内容や条件を確認し、問題がないかどうかをチェックします。

 

  1. 周辺のマーケット動向

周辺地域の不動産マーケットの動向を把握することも重要です:

  • 人口動態: 周辺地域の人口が増加傾向にあるかどうか。人口減少地域は賃貸需要が低下するリスクがあります。
  • 競合状況: 近隣に同種の物件がどの程度あるか。また、それらの物件と比較して自分の物件が優位性を持っているかどうかを判断します。

 

 

【リスクを最小限にする方法】④

リスクを最小限にするためには、適切なリサーチとプロのアドバイスが不可欠です。具体的なリスク管理の方法を紹介します。

 

  1. 資産の分散投資

分散投資はリスクを軽減するための基本的な戦略です。

一つの物件や一つのエリアに集中して投資するのではなく、複数の物件や異なるエリアに分散して投資することで、リスクを分散させることができます。

 

  1. 徹底した市場調査

市場調査を徹底的に行うことが重要です。以下の点に注意してください。

  • エリアの将来性: 開発計画やインフラ整備、人口動態などを調査し、エリアの将来性を見極めます。
  • 賃貸需要: その地域にどれだけの賃貸需要があるかを確認します。周辺の家賃相場や空室率も参考になります。

 

  1. 物件の詳細調査

購入を検討する物件について、詳細な調査を行います。具体的には:

  • 建物の状態: 建物の築年数、構造、耐震性、設備の状況を確認します。必要なら専門家に依頼して調査を行うことも検討します。
  • 管理状況: 物件の管理体制がしっかりしているか、管理会社の評判などもチェックします。

 

  1. 資金計画の立案

資金計画を立て、無理のない投資を行います。以下の点に注意してください:

  • 自己資金の確保: 無理のない範囲で自己資金を用意し、融資に頼りすぎないようにします。
  • 融資の条件: 金利や返済期間、返済方法などを比較し、最適な融資条件を選びます。

 

  1. リスクヘッジの手法

さまざまなリスクヘッジの手法を活用します:

  • 保険の活用: 火災保険や地震保険など、必要な保険に加入してリスクに備えます。
  • 空室リスク対策: 適正な賃料設定や定期的な広告活動を行い、空室期間を短縮する努力をします。

 

  1. 専門家の活用

不動産投資に関する専門家を活用します:

  • 不動産会社: 信頼できる不動産会社と連携し、適切な物件選びをサポートしてもらいます。
  • 税理士: 税務処理や節税対策について、税理士に相談します。
  • FP: 投資経験豊富なお金の専門家に相談することで失敗を回避します。

 

これらの方法を組み合わせて実行することで、不動産投資のリスクを最小限に抑え、安定した収益を目指すことができます。

 

 

【融資を受けるためのポイント】⑤

融資を受ける際のポイントや、銀行からの評価を高めるための対策について説明します。適切な融資を受けることで、投資効率を高めることができます。

 

融資を受ける際に銀行からの評価を高めるためには、以下の方法が有効です。

  1. クレジットスコアの向上

  • 借入残高の管理: クレジットカードの残高やローンの返済を遅延せずに適切に管理し、信用履歴を良好に保ちます。
  • 信用枠の増額: クレジットカードの利用額やローンの借入額を抑え、信用枠の増額を申請することでクレジットスコアを向上させることができます。

 

  1. 安定した収入源の確保

  • 安定した収入の証明: 定期収入や年収を証明するために、源泉徴収票や収入証明書、確定申告書などを提出します。複数の収入源がある場合は、それらも示すことで信頼性を高めます。
  • 追加の収入源の確保: パートタイムの仕事や副業など、追加の収入源を確保することで返済能力をアピールします。

 

  1. 資産の管理と投資

  • 資産の所有: 貯蓄や投資など、資産を持つことで返済能力や安定性をアピールします。
  • 投資収益の証明: 不動産や株式などの投資からの収益を証明することで、返済能力や信用力を高めます。

 

  1. 借入前の準備

  • 事前に情報を収集: 銀行や金融機関の融資条件や要件を事前に調査し、自身の状況に合った借入方法を選択します。
  • 資料の準備: 融資申請時に必要な資料や情報を事前に整理し、準備しておきます。迅速な審査と借入手続きに役立ちます。

 

  1. 誠実な対応と信頼の構築

  • 誠実な対応: 銀行や金融機関とのコミュニケーションを丁寧かつ誠実に行い、信頼関係を築きます。
  • 長期的な関係の構築: 銀行や金融機関との長期的な関係を意識し、信頼を積み重ねます。返済能力や信用力が向上すると、将来的な取引条件が有利になる可能性があります。

 

上記の内容を踏まえて、不動産投資に取り組むことで失敗を防いで良いスタートをきることが可能となります。

慌てることなく、しっかり情報収集をしながら行動していきましょう。

2024/6/5
miyuki matsutani
miyuki matsutani
2023-10-08
最初、セミナーでお話を聞かせていただきました。初心者の私にも分かりやすく、とても良かったので、その後すぐに武田様の著者を購入させていただきました。自分で勉強し、分からない事を後日、個別に相談にものっていただきました。 これから投資を始めようと思ってる私にとって、武田様との出会いが私の人生の転機になると信じて、これからも色々とご指導いただきたいと思っています。
谷口真一
谷口真一
2023-09-19
聞きやすい、話しやすい人柄で、肩肘張らず相談できました。良かったです。
tst mt
tst mt
2023-09-17
まず講座を受講し、投資について率直なご意見をいただいたこと、また親身になってご対応いただいた経験から、個人的にご相談させていただくようになりました。 説明は、初心者でも分かりやすく、どのように資産運用をすればよいのかを的確に教えていただけます。具体的には、投資信託、株及び不動産などのメリット、デメリットを教えていただき、自身の目的に合致した投資方法をご提案いただけます。 わたしも武田様のおかげで、投資の一歩を踏み出すことができました。ありがとうございます。 また今後もよろしくお願いいたします。
M T
M T
2023-07-08
周りにも90歳以上の人が多く長寿社会となり、これから迎える老後へ資金や保険に不安があり紹介してもらい武田先生に相談させていただきました。 私の不安や希望をしっかり聞いてくださり資金運用と保険を決めさせて頂きました。 とても丁寧に考えてくださり、老後への不安や心配が和らぎました。 ありがとうございました。 今後とも宜しくお願い致します。
おだゆき
おだゆき
2023-05-09
将来が不安で投資について何をしたら良いか悩んでいた時にネットで見つけてマネーセミナーに参加させていただきました。 とてもわかりやすく、質問にも丁寧に答えていただいたので まずは何をすべきかを知ることができました。ありがとうございます。 また悩んだ時には相談したいです。
S
S
2022-12-04
不動産セミナーに参加させていただきました。初歩的な質問にも分かりやすく説明していただき有難う御座いました。
K S
K S
2022-11-29
武田先生のコンサルは、 普通のコンサルタントの方の様に皆さんに同じ事を提案する様なものではなく、私に一番適切なものを、性格や行動から導き出し、ご提案してくださいました。社名の由来そのまま愛のあるコンサルが受けれます。女性には特にお勧めかと。20代の息子のお金の先生になっていただこうかとも思っています。武田先生 いつもありがとうございます。
峰環
峰環
2022-11-03
講座を受講して、この先生なら安心してご相談ができると思い、個人的にご対応いただきました。 初心者でも分かりやすく、どのように資産運用をすればよいのかを教えてくださいます! NISAや積立NISA、iDeCoなど、 初歩の初歩から教えていただき、 早速、積立NISAを始めることができました! 私と同じ中高年で、老後の資産形成を考えている方は、ご相談してみてはいかがでしようか?! 武田先生、 一歩踏み出す勇気をいただきました。 ありがとうございました。
バックベアード
バックベアード
2022-09-29
保険、投資信託、不動産投資等、幅広い分野と知識で活動されています。 常に相談者の目線に立ち、メリット、デメリットを包み隠さず、提案してくれる、正直ファイナンシャルプランナーです。
7north
7north
2022-08-18
自分と家族の保険について、とても丁寧で詳しく教えて頂きました! 家計や仕事の状況に合わせて、無理ない物を教えて頂けたのでとても有難かったです😍 また機会があれば宜しくお願いします!